国内/海外プリペイドSIMをAmazonで購入できます!詳細はこちら

海外SIMに必要な準備と使い方

海外旅行中も自分のスマホを使うなら、SIMカードがおすすめ。
しかし海外SIMときくと、「難しそう…」「SIMだけ買えば済むの?」「自分のスマホでほんとに使える?」など、いろいろと不安があると思います。
このページでは、海外で実際にSIMカードを使うまでのステップと、確認すべきポイントをご紹介いたします。

海外でSIMを使う時に必要なもの

  1. SIMロックフリーのスマートフォン
  2. 海外用のSIMカード
  3. SIMカードを交換するための”SIMピン”(iPhoneなどでは必須)
  4. SIMカードのサイズにあわせたアダプタ(一部の端末で必要な場合あり)
  5. 日本で使っていたSIMカードをしまうケース
①SIMロックフリーのスマートフォン
海外でSIMを使ってネットをするには、SIMロックフリーのスマートフォンが必須です。お使いの端末がSIMロックフリーか、必ずご確認ください。
docomo・au・SoftBankのキャリアで端末をご利用の場合、ご購入時はSIMロックがされています。

②海外用のSIMカード
スマートフォンに各国の適合したSIMカードを挿入すると、通信ができるようになります。

③SIMカードを交換するための”SIMピン”
iPhoneなどでは、SIMカードを交換する際に、カードをスロットから押し出す「ピン」が必要です。クリップなどでも代用できますが、端末を傷つけたり、なかなか押し出せないケースが多いので、注意しましょう。
また、挿入されている方向や表裏をよく確認し、基盤(金色の部分)には手を触れないようにしましょう。

④SIMカードのサイズにあわせたアダプタ(一部の端末で必要)
現在は「nanoサイズ」のSIMカードが一般的ですが、一部の少し古い端末などでは、「標準」または「microサイズ」のSIMカードの場合があります。
その場合は、SIMカードアダプターが必要です。

▼SIMカードのサイズは3つある

 

⑤【便利】日本で使っていたSIMカードをしまうケース
普段使用しているSIMカードは、取り出した後に無くさないようにチャック付のポリ袋などを用意しておくと便利です。

★Wi-Ho!SIMなら、海外用の全てのラインナップでSIMピンつき&3サイズ対応!
※SIMケースは付属いたしません

Wi-Ho!SIMを今すぐチェック

SIMカード利用前の設定

アメリカ専用SIMなど、一部のSIMカードは事前に設定が必要なので、
渡航前にひととおりパッケージに目を通しておきましょう。
SIMカードの交換は、現地に到着してからがおすすめです。よくある交換のステップは次の通り、5分もかからない簡単な作業です。

    1. 現地についたら、端末の電源を切りSIMカードの入れ替えを行う
    2. 再起動し、設定からデータローミングまたはモバイルデータ通信をオンにする
    3. APN設定が必要な場合、マニュアルに従って情報を端末に入力する。
※商品や端末によっては、不要な場合もあります。

現地で購入するSIMカードはもちろん、安価な海外SIMカード製品は、マニュアルが何もなかったり、英語や中国語で書かれているものもあります。
その点、Wi-Ho!SIMなら、イラスト付きで日本語でマニュアルの記載があり、不安な点があれば、365日24時間対応のテクニカルサポートが対応するので、特に初心者のお客様や、機械に詳しくないお客様に大変好評を頂いております。

Wi-Ho!SIMを今すぐチェック


最初だけ少し面倒に感じますが、Wi-Fiルーターなどと違い、バッテリーの持ちや荷物を気にすることなく、一度繋がってしまうとSIMカードはとても身軽に済むのがSIMカードのメリットです。