すぐに使えるeSIMならSimpier(シムピア)

特集

  • iPhoneでeSIMを使うには?eSIM対応機種をご紹介!(2022年3月9日最新情報)

    eSIMを使うには対応機種の確認が必須!一覧から確認しよう。 iPhoneなどのスマホやタブレットで「eSIM」を使うために まず 最初に確認することは、そもそも「eSIMの対応機種かどうか」 です。 最新のスマホはeSIMの対応が急速に進んでいますが、 まだまだ使えないスマホも多く、その都度確認するのは面倒ですよね。 このページでは 、iPhoneだけでなく、 Androidデバイスも含めて 日本国内で eSIMに対応しているスマホ・タブレットの機種を 一覧にして 最新情報をお届けいたします。 ※国内で販売されているメーカーについては網羅するように心掛けておりますが、 機種によっては記載のない場合もございますのでご了承ください。 eSIMをお試しで使うなら、プリペイドeSIMで。テレコムスクエアの「Wi-Ho!eSIM日本パス」がおすすめ 【Apple iPhone】 2018年9月発表以降の機種は、すべてeSIMに対応しています。iPhoneXやiPhone8、iPhone7は、まだまだ人気の機種ですが、eSIMには対応していないので注意が必要です。※ SIMロックの解除方法はこちら iPhone 13 Pro Max iPhone 13 Pro iPhone 13 mini iPhone 13 iPhone 12 Pro Max iPhone 12 Pro iPhone 12 mini iPhone 12 iPhone SE(第3世代) iPhone SE(第2世代) iPhone 11  Pro Max iPhone 11  Pro iPhone 11  iPhone XS MaxiPhone XSiPhone XR  【Apple iPad】 2018年9月発表以降のすべてのiPad (Wi-Fi + Cellularモデルのみ)がご利用いただけます。 ※ SIMロックの解除方法はこちら iPad(第9世代) iPad(第8世代) iPad(第7世代) iPad mini(第6世代) iPad mini(第5世代) iPad Air(第5世代) iPad Air(第4世代) iPad Air(第3世代) 11インチiPad Pro (第3世代) 11インチiPad Pro(第2世代) 11インチiPad Pro 12.9インチiPad Pro(第5世代) 12.9インチiPad Pro(第4世代) 12.9インチiPad Pro(第3世代) 【Androidスマホ】 ※ SIMロックの解除方法はこちら Google Pixel 6 ProGoogle Pixel 6 Google Pixel 5a (5G) Google Pixel 5 Google Pixel 4a (5G) Google Pixel 4a Google Pixel 4 Google Pixel 4 XL OPPO A73 OPPO Reno5 A OPPO Find X3 ProOPPO A55s 5G HUAWEI P40 Pro 5G AQUOS wish AQUOS zero 6 AQUOS sense6※AQUOS sense6 SH-54Bは対象外 AQUOS sense4 liteRakuten BIG sRakuten BIGRakuten MiniRakuten Hand Xperia 10 III LiteZTE Libero 5G IIMOTOROLA razr 5GMicrosoft Surface Duo 2FCNT arrows We (Softbank版) ※docomo/au版は対象外  海外でスマホ使うなら、Wi-Ho!eSIMがおすすめ Wi-Ho!eSIM(ワイホーイーシム)とは、「海外も国内も使える、プリペイド式のeSIMサービス」です。 海外用Wi-Fiレンタルでお馴染みの株式会社テレコムスクエアが提供しています。 アプリのインストールや、初期費用など一切不要 で、Webサイトから 購入するだけですぐに通信プランを使うことが出来ます 。 日本国内のWebサイト上で購入できるプリペイドeSIMは非常に珍しいですが、こちらに便利な活用方法を3つご紹介いたします。 月末のギガ不足に「ちょい足し」利用として キャリア回線のリチャージだと高価になりがちなデータ容量も、Wi-Ho!eSIMなら使いたい分だけ気軽にチャージして使えます。 タブレットなどのサブ端末で使う iPadのようなタブレットを外出時少しだけ使いたい。 そんなサブ端末としての利用時にも、Wi-Ho!eSIMはもってこいです!  使いたい分だけその場でチャージ、マイページで残りの容量もチェックできるので、 もう毎月のデータ量がそこまで多くないのに別途キャリアと月額契約する必要はありません。 海外旅行や海外出張で使う 出張や観光など、海外旅行のときは高額なローミングよりも必要な分だけギガを購入可能なプリペイドeSIMが便利です。またWi-Ho!eSIMなら、海外旅行で余ったデータを日本で使うこともできます。 上記のような利用シーンで無駄なくデータ回線を使いたい方は 月額料金なし、手数料なしのWi-Ho!eSIMがおすすめです。 簡単な会員登録だけですぐにギガを購入できます。 この機会に、ぜひお試しください! おすすめ商品 世界106ヶ国対応のeSIMなら Wi-Ho!eSIM グローバルパス アメリカ・ヨーロッパをお得に旅するeSIMプランなら Wi-Ho! eSIM アメリカ・ヨーロッパ・香港パス 日本国内で気軽に使えるeSIMプランなら Wi-Ho!eSIM 日本パス 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 関連記事 eSIM利用時に欠かせない、SIMロックのかんたん解除法教えます! eSIM徹底比較、これさえ読めばカンペキ!eSIMガイド

    もっと読む
  • eSIMのメリットは? デメリットもあるの?便利な使い方や注意点も紹介!

    「eSIM」は、ここ1年ほどで、楽天モバイルをはじめ、ahamoやUQモバイルなどの通信キャリア、最新スマホも軒並み対応が進み、一気に注目度があがっていますね。 そんな「eSIM」を使うメリットや、デメリットはあるのでしょうか? この記事では、eSIMを使うための基礎知識に加え、メリットやデメリットをなるべく分かりやすく解説していきます。 目次 eSIMって何?そもそも「SIM」とは? eSIMのメリットは用途によって自由に通信会社を選べること! eSIMのデメリットは、新しい技術であるがゆえの… eSIMを使う前にチェックすべきこと まとめ おまけ)プリペイド式eSIM「Wi-Ho!eSIM」のおすすめな使い方3選 eSIMって何?そもそも「SIM」とは? スマホやタブレットなどでインターネットや通話をするためには、Wi-Fiルーターに接続するか、「SIMカード」と呼ばれる小型のカードが必要です。 SIMカードとは、簡単に言うと「インターネットや電話をするための契約情報」が書き込まれているカードのことです。このカードの情報をスマホが読み取って、契約している通信会社と通信を行います。 eSIMとは、この「SIMカード」の電子版です。 例えるならば、ダウンロードした動画がeSIMで、DVDがSIMカードです。 eSIMに対応している通信会社と契約をすると、eSIMの契約情報が書かれているQRコードが発行されます。 このQRコードをスキャンするだけで、簡単にインターネットにアクセスすることができます。 (設定が必要なこともあります。) eSIMのメリットは用途によって自由に通信会社を選べること! eSIMのメリットは、好きな通信会社を用途や気分に合わせて自由にカスタマイズできることです。 ほとんどのスマホは、1台につき1枚のSIMカードしか挿入できません。つまり、1台につき1回線しか使えませんでした。 (一部のスマホは、SIMを2枚挿入できるものもあります。これをデュアルSIMスマホと呼ぶこともあります。) eSIM対応のスマホは、SIMカードは1枚しか挿入できなくても、デジタルデータで複数のSIM情報を、好きなだけ追加できます。 これを上手く活用することで、用途に応じて「自由に」通信会社の使い分けができるのです。 eSIMの最大のメリットはこの「自由さ」にあります。 では、eSIMのメリットを活かすと、どのような使い方ができるのでしょうか? 今回は3つの例をご紹介します。 データ通信と通話の回線をそれぞれ使い分ける 例えば、「通話はエリアが広いドコモの回線で。インターネットは無制限プランが安い楽天モバイル回線で。」といったように、 複数の通信会社を用途に応じて使い分けることができます。 普段使っている回線がつながりにくいエリアにいる場合などに、ボタン1つで回線を切り替えることができます。 実際に筆者は、普段はUQモバイルさんを通話メインで使い、データ利用は楽天モバイルさんをeSIMで契約し、使い分けをしています。 海外旅行に行く際は、スマホの契約だけだと容量不足や高額請求が不安なので、海外用プリペイドeSIMの「Wi-Ho!eSIM」に回線を切り替えて使う予定です。 このように複数の通信会社の組み合わせを、アイデア次第で自由に考えることが出来ます。 海外旅行や出張ではプリペイド契約のeSIMを使う 海外旅行や出張で、海外現地の通信会社のSIMを利用するときは、今まではSIMカードの差し替えが必要でした。eSIMを使うと、設定画面から1タップで、すぐに回線を切り替えられるようになります。 海外でeSIM使うなら、テレコムスクエアの「Wi-Ho!eSIM」がおすすめな理由 月末の「ギガ不足」に、プリペイド契約のeSIMを使う 月末になると怖いのが、契約データ容量を使い切ってしまう、いわゆる「ギガ不足」による「速度制限」です。いくつかの会社では追加で容量をチャージをすることもできますが、高価になりがちです。 そんなときは、プリペイド契約のeSIMを使って、使いたい分だけの通信量をeSIMにチャージし利用する、といったことも可能です。 国内でも使えるプリペイドeSIMなら、テレコムスクエアの「Wi-Ho!eSIM日本パス」がおすすめ eSIMのデメリットは、「新しい技術」であるがゆえの… 便利なeSIMにも、注意すべきデメリットがあります。事前にしっかりチェックしておくことで、トラブルにならないように対処しておきましょう。 eSIMに対応するスマホはまだ限られている iPhone13シリーズをはじめとした最新機種のiPhoneは、全てeSIMの対応がなされていますが、2018年11月以前に発売されたiPhoneは対応していません。 iPhone7やiPhone8、iPhoneXなどは、現在も根強い人気を誇る機種ですが、eSIM対応端末ではないので、使用が出来ない点に注意が必要です。 Androidスマホも最近では、Google Pixel 5aや、OPPO Reno5 A、AQUOS Sense4 liteなど、人気の端末では徐々にeSIMの対応が進んでいます。 eSIMが利用可能な端末は、↓のページもまとめていますので、ご自身のデバイスが対応しているかチェックしてみてください。 iPhoneでeSIMを使うには? eSIM対応機種をご紹介! 1つのeSIMを複数端末で使うことができない 原則として、 1つのeSIMは1つの端末でしか利用できません。つまり、SIMカードのように、好きなスマホに差し替えて使うということができません。 一度QRコードからスマホにインストールしたeSIMを、他のスマホで使いたい場合は、eSIMの再発行や再購入が必要です。 通信会社によっては、eSIMの再発行に対応していますが、再発行の度に申請しなければなりません。また、再発行料金がかかる場合もあります。 eSIMだけでスマホを使う「デュアルeSIM」は、日本ではまだ実用的ではない 2021年の9月に発表されたiPhone13シリーズの4機種では、通信をするのにカード型のSIMが必要ない「デュアルeSIM」にiPhoneシリーズとして初めて対応しました。 しかしながら、2021年9月現在、日本では119などの「緊急通報」に発信できない不具合が発生しているようです。デュアルeSIMを利用するには注意が必要です。 eSIMを使う前にチェックすべきこと ✔SIMロックが解除されているかチェック SIMロックとは、大手キャリアで購入した端末を使うとき、契約キャリアでしか利用できないよう「縛り」がある状態のことです。 メインキャリア以外で副回線を使う場合や、キャリアの乗り換えをするときは、SIMロックの解除が必要です。大手キャリアのSIMロックは、簡単な手続きで解除が可能です。 SIMロック解除方法についての詳しい解説は、↓の記事をご覧ください。 eSIM利用時に欠かせない、SIMロックのかんたん解除法教えます! ✔スマホ・タブレット機種の対応状況をチェック iPhone・iPadをはじめとして、eSIM対応の機種が続々発表されています。 ご自身が使用している端末がeSIMに対応しているか、↓のページで事前にチェックしましょう。 iPhoneでeSIMを使うには? eSIM対応機種をご紹介! ✔どういう用途でeSIMを使いたいか?をチェック メイン回線(主回線)とは、音声通話とデータ通信に使うために、大手キャリアや格安SIMを提供するMVNOなどの業者とメインで契約している回線のことです。 こちらは、カード型のSIMで元々契約している方がほとんどかと思います。 副回線はeSIMならではのメリットを活かすことが出来ます。メイン回線とは違う電話番号を使いたい場合や、データ通信用など、決まった用途で使うことが多いです。 副回線を選ぶポイントは、用途やコストに見合った通信プランかどうかです。 大手キャリアや格安SIMを月額契約で使うこともできますが、あまり使用頻度が少ないと、初期費用や月額料金を必要以上に払う事になりますし、キャリアによってはしばらく使わないと強制解約になる条件もあるなど、管理の手間も考える必要があります。 できるだけコストを抑えたい方には、 使う分だけデータチャージができる「プリペイド式eSIM」もおすすめです。 完全プリペイドなら、購入した分の通信量が使用可能なため、データの使い過ぎで後ほど追加料金が発生する心配がありません。必要な時にデータの買い足しができるので、無駄なく便利に利用できます。 <メイン回線 vs. 副回線 比較表> まとめ いかがでしたでしょうか? eSIMの最大のメリットは、好きな通信会社を用途や気分に合わせて自由にカスタマイズできることです。特に海外旅行での利用や、予備のスマホやタブレットなど、少しだけデータ容量を使いたいときには非常に便利です。 一方、新しい技術がゆえ、まだまだ対応しているスマホや通信会社が少ないこと、一部SIMカードでしか出来ないこともあるといった、デメリットが挙げられます。 最後に、「海外出張・海外旅行などの短期利用におすすめ」のプリペイド式でチャージが出来るeSIM「Wi-Ho!SIM」をご紹介させてください。 (おまけ)プリペイド式のeSIM「Wi-Ho!eSIM」のおすすめな使い方まとめ Wi-Ho!eSIM(ワイホーイーシム)とは、「海外も国内も使える、プリペイド式のeSIMサービス」です。 海外用Wi-Fiレンタルでお馴染みの株式会社テレコムスクエアが提供しています。 アプリのインストールや、初期費用など一切不要で、Webサイトから購入するだけですぐに通信プランを使うことが出来ます。 日本国内のWebサイト上で購入できるプリペイドeSIMは非常に珍しいですが、こちらに便利な活用方法を3つご紹介いたします。 月末のギガ不足に「ちょい足し」利用として キャリア回線のリチャージだと高価になりがちなデータ容量も、Wi-Ho!eSIMなら使いたい分だけ気軽にチャージして使えます。 タブレットなどのサブ端末で使う iPadのようなタブレットを外出時少しだけ使いたい。 そんなサブ端末としての利用時にも、Wi-Ho!eSIMはもってこいです!  使いたい分だけその場でチャージ、マイページで残りの容量もチェックできるので、 もう毎月のデータ量がそこまで多くないのに別途キャリアと月額契約する必要はありません。 海外旅行や海外出張で使う 出張や観光など、海外旅行のときは高額なローミングよりも必要な分だけギガを購入可能なプリペイドeSIMが便利です。またWi-Ho!eSIMなら、海外旅行で余ったデータを日本で使うこともできます。 上記のような利用シーンで無駄なくデータ回線を使いたい方は 月額料金なし、手数料なしのWi-Ho!eSIMがおすすめです。 簡単な会員登録だけですぐにギガを購入できます。 この機会に、ぜひお試しください! おすすめ商品 世界106ヶ国対応のeSIMなら Wi-Ho!eSIM グローバルパス アメリカ・ヨーロッパをお得に旅するeSIMプランなら Wi-Ho! eSIM アメリカ・ヨーロッパ・香港パス 日本国内で気軽に使えるeSIMプランなら Wi-Ho!eSIM 日本パス 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    もっと読む
  • eSIMを使えば、機種変更時のトラブルも解決!? 編

    「eSIMって、SIMやWiFiの代わりになるらしいけれど、実際はどう使っていいのかわからない…」 というお声に応えるべく始まった「eSIMの便利な使い方」シリーズ。 今回は第五弾です。 どんな使い方ができるのか、剛さんの例から学んでいきましょう。 剛さんの場合 剛さんは最近新しいスマートフォンに買い替えたいと思っていました。 そこで調べてみると、とあるキャリアから安くなる新料金の発表があり、 このプランに変更がてら機種変更も行おうと決意。 手続きが完了し、回線を利用するのに必要なSIMカードが届くのを 待っていましたが、いくら待っても 届きません。 心配になり連絡してみると、 人気のプランゆえ契約者が殺到し配送に時間がかかっているとのこと。 「SIMカードが届くまでの数日間、代わりにデータ通信が可能になる手軽なサービスがあればな…」 大手の携帯会社が次々と新料金プランを発表したことで、 剛さんのように自身のスマートフォン料金の見直しや新しい機種への変更を検討した方も多いはず。 しかし、新しいサービスにトラブルはつきもの。 手続きエラーやSIMカードの配送遅延等が理由で 問題解消までスマホは使えないなんてことになったら困りますよね。 剛さんの困っているポイントは、3つです。 1.スマートフォンの通信料金を少しでも抑えたい 2.数日間少量使えるデータプランがほしい 3.すぐに通信ができる状態にしたい その他にも ・引っ越し後、WiFiの設置が完了するまでの数日間 ・月末から翌月の初めまで、通信制限が解除されるまでの間 ・外で開催するイベントに参加するため、一日でいつもより多くをギガを使う など、数日間少量のデータ容量が必要なケースは人それぞれです。 このようにたった 数日、 少しのギガを使いたい。 けれど 面倒な手続きや 余計な手数料・月額料はお断り! という方におすすめのサービスが プリペイドタイプのデータプラン Wi-Ho!eSIM です。 Wi-Ho!eSIMは 初期費用・手数料が 一切かかりません! 継続的なコストになる月額料金もないため、通信料金が節約できます。 また、 事前に購入したデータ料しかかからない使い切りタイプ なので 使いたいと思った時にだけ少量のギガを買うことも可能です。 また、購入後はマイページから QRコードをダウンロードするだけ なので 簡単かつすぐにでも利用開始できます。 さっそく剛さんは、Wi-Ho!eSIMで日本パス3GBプランを購入してみました。 「Wi-Ho!eSIMのおかげで、LINEやインターネットがスマホでみれるようになった。これからも、ちょっとだけデータ通信を使いたい時は、これだな。」 いかがでしたか。 月末の通信制限時も、Wi-Ho!eSIMさえあれば安心です。 今後も続々と、Wi-Ho!eSIMの便利なご利用方法を紹介していきます。 お楽しみに! また、ここまで読んで 自分に最適な通信プランを知りたい方は こちらの記事もぜひチェックしてみてください! 関連記事 iPhoneでeSIMを使うには? eSIM対応機種をご紹介! eSIMとは? 複数端末ユーザーにおすすめな利用方法!? 編 おすすめ商品 Wi-Ho!eSIM グローバルパス Wi-Ho!eSIM 日本パス

    もっと読む
  • eSIMとは? 複数端末ユーザーにおすすめな利用方法!? 編

    「eSIMって、SIMやWiFiの代わりになるらしいけれど、実際はどう使っていいのかわからない…」 というお声に応えるべく始まった「eSIMの便利な使い方」シリーズ。 今回は第四弾です。 どんな使い方ができるのか、健さんの例から学んでいきましょう。 健さんの場合 健さんはガジェット大好き! 最新のスマホだけでなく、iPadも使いこなす二刀流です。 以前は、会社への通勤時間にタブレットを活用していたため、 メインの携帯回線とは別に格安SIMを契約していました。 しかし、在宅勤務が増えたことで、iPadを外で使う回数が減ってしまいました。 「あまり使っていないのに、月額料金がかかってしまう。何か良い方法はないかなぁ…」 通勤時間が減ると、サブ端末の使用データ量も減るので、 契約手数料や月額費用がもったいないですよね。 健さんが困っているポイントは、3つです。 1. サブ端末の使用頻度があまり多くない 2. 余計な月額費用がもったいない 3. 急に必要になる場合もあるので、必要な時にすぐ使いたい その他にも、複数の端末を使う場面は ・メインの携帯回線とは別のタブレットを持っている ・会社でも携帯電話を支給されているので、自分の携帯回線ではあまりデータを使わない ・自分用とこども用に分けて使いたい など、人それぞれです。 このように 使用頻度があまり高くない端末を持っていると、 余計な月額料金がかかり、無駄になってしまうこともあります。 しかし、データプランを買うにはSIMカードを購入しないといけないのでは? SIMの差し替え作業や届くまでにかかる時間といった面倒は避けたい・・・ このように考える方も多いはず! そこでおすすめしたいのが、 プリペイドのデータプラン Wi-Ho!eSIMです。 Wi-Ho!eSIMなら、 初期費用・手数料一切なし! 継続的なコストになる月額料金もないため、通信料金が節約できます。 また、 事前に購入したデータ料しかかからない使い切りタイプのため 使いたいと思った時にだけ少量のGBを利用することが可能です。 さらにeSIMは、端末に内蔵されているため SIMカードのように、 手元に届くまで待つ必要もなく、差し替え作業もいりません。 そこで健さんは、格安SIMからWi-Ho!eSIMに切り替えてみました。 「使いたい時に、使いたい分だけ使える。これからはWi-Ho!eSIMに決まりだな。」 いかがでしたか。 Wi-Ho!eSIMは、余計な費用は一切なし・使いたいデータ分だけ購入できるので、コスパ最強なんです。 ぜひ、この機会に試してみてはいかがでしょうか。 また、ここまで読んで 自分に最適な通信プランを知りたい方は こちらの記事もぜひチェックしてみてください! 関連記事 eSIM利用時に欠かせない、SIMロックのかんたん解除法教えます! おすすめ商品 Wi-Ho!eSIM グローバルパス Wi-Ho!eSIM 日本パス

    もっと読む
  • 知らないと損! 海外旅行から帰国後までeSIMをお得に使う裏技 編

    「eSIMって、SIMやWiFiの代わりになるらしいけれど、実際はどう使っていいのかわからない…」 というお声に応えるべく始まった「eSIMの便利な使い方」シリーズ。 今回は第三弾です。 どんな使い方ができるのか、秀さんの例から学んでいきましょう。 秀さんの場合 秀さんは今回が初めての海外旅行。 5日間のヨーロッパ旅行なので、行きたい場所・食べたい物について、いつでも調べたい。 しかし歩き回ることを考えると、荷物は最低限にしたい。 そこで少し高額でしたが、どれくらいの通信量を使うのかわからなかったので、 5GB分のSIMカードを購入しました。 旅行を終え、使用データ量を確認すると、合計で 2.5GBしか使っていなかったことが判明。 「残りの2.5GBがもったいないな。もしこれが日本でも引き続き使えたら…」 旅行を楽しむには欠かせない、安定した通信環境。 意気込んで大容量のSIMカードを購入・WiFiをレンタルして 最終日に 「意外と使わなかったなぁ。」と思った経験、ありませんか? 秀さんの困っているポイントは、3つです。 1.日本にいる時と同じように、自分のスマートフォンで調べものをしたい 2.WiFiレンタルのように荷物を増やしたくない 3.旅行後余った通信量を有効活用したい その他にも、旅行中には ・SIMカードを現地で購入するのは不安 ・SIMカードを入れ替えた時に、元のカードを無くさないよう注意が必要 ・WiFiの充電が切れてしまい、使いたい時に使えない といった心配の種が尽きません。 このように、 SIMカードには 旅行先で購入する壁の高さや 入れ替え作業の手間、 モバイルWiFiには 充電の必要性や 持ち運びの不便さ といったデメリットがあるのです。 しかし、そんなデメリットのすべてカバーできるサービスがあります。 それが Wi-Ho!eSIMのグローバルパスです。 Wi-Ho!eSIMのグローバルパスは、 日本を含め世界74ヵ国で利用できます。 そのため、帰国後スマホを機内モードからWi-Ho!eSIMへオンにするだけで、 海外旅行で使わなかったデータ分を、そのまま日本で使うことができます。 またSIMカードのようにカードの入れ替えが必要ないため、 元のSIMカードの保管や SIMピンの準備も、必要ありません! さらにモバイルWiFiとは異なり、eSIMはスマートフォンに内蔵されているため 別途の充電や持ち運びがいりません。 「これなら余計な心配もいらないし、データを多めに買っても無駄にならない。次の旅行ではWi-Ho!eSIMを使ってみよう。」 いかがでしたか。 Wi-Ho!eSIMなら、海外で使っていたデータの残りを日本で使うことができます。 第四弾では、「海外旅行から帰国まで通信データをお得に使う裏技」をご紹介します。 お楽しみに! また、ここまで読んで 自分に最適な通信プランを知りたい方は こちら の記事もぜひチェックしてみてください! 関連記事 eSIM利用時に欠かせない、SIMロックのかんたん解除法教えます! おすすめ商品 Wi-Ho!eSIM グローバルパス Wi-Ho!eSIM 日本パス

    もっと読む
  • 新型iPad、面倒な設定や手続きなしで、外でも使える!?編

    「eSIMって、SIMやWiFiの代わりになるらしいけれど、実際はどう使っていいのかわからない…」 というお声に応えるべく始まった「eSIMの便利な使い方」シリーズ。 今回は第二弾です。 どんな使い方ができるのか、咲さんの例から学んでいきましょう。 咲さんの場合 咲さんは、ついに念願のiPad Proデビュー! 購入したのは、なんと最新のWi-Fi+Cellularモデル。 これさえあれば、動画もお絵かきもおうちで楽しみ放題。 ふと思いたち、今日はお気にいりのカフェで調べものでもしようかとiPadを開くも、インターネットが開けない。 店員さんに尋ねると、どうやらここにWiFiはないらしい。 ポケットWiFiは持っていないし、そもそも荷物を増やしたくない… 「外でちょっとだけ、通信できればなぁ」最近ではスマートフォンとは別の端末機器を購入し、連絡用と動画鑑賞用といった用途に合わせ端末を使い分ける方も少なくないはず。咲さんの困っているポイントは、3つです。1.WiFi環境下でなくても、iPadを使いたい2.モバイルWiFiのように持ち運びするものを増やしたくない3.お出かけ用なので少しの通信量が使えればいいこのように時々しか使わない端末のために携帯会社やWiFiレンタルショップでわざわざ2回線目の契約をしてしまうと手数料や月額費用が2倍となり、余計なコストがかかってしまうわけです。ここでぜひ、試していただきたいのが、プリペイド式のデータプラン、Wi-Ho!eSIMです。Wi-Ho!eSIMは、2018年9月リリース以降のすべてのiPad :Wi-Fi + Cellularモデルでご利用いただけます。(利用可能端末一覧はこちら)iPad :Wi-Fi + Cellularモデルとは、WiFi環境でなくとも、SIMロックを解除するだけで、SIMカードや本体に内蔵されたeSIMを使って通信できる端末のことです。そのため、Wi-Ho!eSIMとセットで利用することで、いつでもどこでも、WiFiを探したり、モバイルWiFiを持ち運ぶことなくインターネットが楽しめます。さらにWi-Ho!eSIMは、月額料・手数料が一切かかりません!使いたい通信分のGBを事前に購入するだけなので、余計なコストをおさえることができます。さっそく咲さんは、Wi-Ho!eSIMのグローバルパスを試してみました。 オンラインで購入後すぐ利用できるため、WiFiを探し回る必要も荷物が増える心配もありません。 初めてeSIMを利用した咲さんはびっくり! 「今まで使ったことがなかったけど、eSIMって簡単だし便利だなぁ」 いかがでしたか。 Wi-Ho!eSIMなら、面倒な手続きなし・自分のiPadだけでインターネットを使うことができます。 第三弾では、「海外旅行から帰国まで通信データをお得に使う裏技」をご紹介します。 お楽しみに!また、ここまで読んで自分に最適な通信プランを知りたい方はこちらの記事もぜひチェックしてみてください! 関連記事 eSIM利用時に欠かせない、SIMロックのかんたん解除法教えます! おすすめ商品 Wi-Ho!eSIM グローバルパス Wi-Ho!eSIM 日本パス

    もっと読む
  • 速度制限を解除するなら!お得なスマホの使い方編

    最近新しいスマホや端末が発売されるたびに、何かと話題になるeSIM。 「SIMやWiFiの代わりになるらしいけれど、実際はどう使っていいのかわからない…」 なんてこと、ありますよね。 そこで、この記事では「eSIMの便利な使い方」シリーズと題し、 様々な場面で役立つeSIMの使用方法をご紹介します!今回は記念すべき、第一弾。 早速、見てみましょう。 仁さんの場合 学生の仁さんは毎月あることに悩まされてきました。 月末になるとやってくる、恐ろしい存在。 そう、通信制限です! 見たい動画はノロノロ、ゲームはずっとLoading。 たまらず購入した格安SIMは、そもそも通信速度が遅くて、イライラMAX。 「来月まであと1日…こんな時、少しだけデータ量が追加できれば…」スマホですぐに調べたい・動画観たい・ゲームしたい人にとって通信制限は天敵です。面倒な手続きや余計なお金をかけずに解消したいですよね。仁さんの困っているポイントは、2つです。1.すぐにでも速度制限を止めたい2.速度制限が解除される月末から翌月までの数日間分のGBがほしいこのように月末だけといった数日間だけ少量のGBがほしい時にデータを追加したい方へおすすめしたいのがWi-Ho!eSIMです。Wi-Ho!eSIMは、初期費用や月額料金はかからず、必要なGBを必要な時に購入できるプリペイド型のeSIMです。そのため、月末にギガ不足をむかえたタイミングで1GB分のデータプランだけ購入ということも可能です。さらに、使用期限を購入日起算で1カ月間としているため、月末に購入した場合でも、月を跨いで利用することができます。これなら月ごとの契約ではないので、月末に購入したGBを急いで使う必要もありません。 1GB分のデータプランを買った仁さんは、無事通信制限とおさらば! 「来月も足りなくなったら、使ってみようかな」 いかがでしたか。 月末の通信制限時も、Wi-Ho!eSIMさえあれば安心です。 第二弾では、「外でもiPadを使う方法」をご紹介します。 お楽しみに! また、ここまで読んで自分に最適な通信プランを知りたい方はこちらの記事もぜひチェックしてみてください!関連記事 eSIM利用時に欠かせない、SIMロックのかんたん解除法教えます! eSIM徹底比較、これさえ読めばカンペキ!eSIMガイド おすすめ商品 Wi-Ho!eSIM グローバルパス Wi-Ho!eSIM 日本パス

    もっと読む
  • eSIM利用時に欠かせない、SIMロックのかんたん解除法教えます!

    実は大手の携帯会社でスマートフォンを買うと、他社のSIMカードやeSIMが使えないことをご存知ですか? このように、スマートフォンの機能に制限がかかっている状態のことを 「 SIMロック」状態といいます。 SIMロックを解除すると ・海外旅行時に、現地の回線へ繋がるSIMカードが使える ・プリペイドタイプのSIMカードと携帯プランを併用して、通信料をおさえられる ・いつでものどこでもeSIMが使える というように、お手持ちのスマートフォンで 日本でも海外でも通信の自由度がグッと高まります。 しかし、気をつけなくてはいけないのが、その解除方法です。 スマートフォンの購入方法によって、解除可能なタイミングが異なるため、確認が必要です。 そこで、この記事ではフローチャート方式で、あなたのスマホがいつSIMロック解除できるのか、まとめてみました。 さっそく確認してみましょう。 SIMロック解除方法 確認フローチャート フローチャートのとおり、 Appleストア等で購入したSIMフリーのスマートフォンは、 もともとロックがかかっていないため、解除の必要がありません。 さらに、 ・支払い方法がクレジットカードである ・機種代金を一括で購入、もしくはすでに支払いが完了している ・購入から100日経っている のいずれかである場合、すぐに解除が可能です。 そして、解除方法は、スマートフォンを購入した会社ごとに異なります。 どれもオンラインでかんたんに試せるものですので、下記ページから設定方法をご確認ください。 docomoで購入した場合はこちら auで購入した場合はこちら softbankで購入した場合はこちら SIMロックが解除できれば、快適なスマートフォンとの生活の始まりです。 もし、自分に最適な通信プランを知りたいと思った方は こちら の記事もあわせてチェックしてみてください! おすすめ商品 Wi-Ho!eSIM グローバルパス Wi-Ho!eSIM 日本パス

    もっと読む
  • eSIM徹底比較、これさえ読めばカンペキ!eSIMガイド

    海外旅行中、地図をみたりお土産情報を調べたりと、様々な場面で欠かせないインターネット。 そんなインターネットを手軽に安心して使うことのできるサービスが「eSIM」です。 「eSIMって最近耳にするけど、SIMやWiFiとの違いがわからない」、「いろんな会社のeSIMがあるけど、何が違うの?」 そんな疑問も、この記事を読めばあっという間に解決。 それぞれの違いを一覧にまとめてみました! ここがポイント! ・面倒なSIMカードの差し替えなし!今使っているSIMカードはそのまま、QRコードを読み取るだけ利用スタート ・使いきりタイプなので、月額契約費や追加課金等の心配なし ・日本にいても海外にいても、使いたい時に使いたい量のデータをチャージできる ・海外旅行で余ったデータを日本で使える いかがでしたか。 eSIMは、簡単に海外でも日本にいる時と同じようにスマホが使える最強アイテムです。 その中でも、Wi-Ho!eSIMは手数料が一切かからないため、はじめて使うお客様も安心してご利用いただけるサービスです。 これを機に、ぜひeSIMをお試しください! 関連記事 eSIM利用時に欠かせない、SIMロックのかんたん解除法教えます! おすすめ商品 Wi-Ho!eSIM グローバルパス Wi-Ho!eSIM 日本パス

    もっと読む
  • 海外SIMに必要な準備と使い方

    海外旅行中も自分のスマホを使うなら、SIMカードがおすすめ。しかし海外SIMときくと、「難しそう…」「SIMだけ買えば済むの?」「自分のスマホでほんとに使える?」など、いろいろと不安があると思います。このページでは、海外で実際にSIMカードを使うまでのステップと、確認すべきポイントをご紹介いたします。海外でSIMを使う時に必要なものSIMロックフリーのスマートフォン海外用のSIMカードSIMカードを交換するための”SIMピン”(iPhoneなどでは必須)SIMカードのサイズにあわせたアダプタ(一部の端末で必要な場合あり)日本で使っていたSIMカードをしまうケース①SIMロックフリーのスマートフォン海外でSIMを使ってネットをするには、SIMロックフリーのスマートフォンが必須です。お使いの端末がSIMロックフリーか、必ずご確認ください。docomo・au・SoftBankのキャリアで端末をご利用の場合、ご購入時はSIMロックがされています。②海外用のSIMカードスマートフォンに各国の適合したSIMカードを挿入すると、通信ができるようになります。③SIMカードを交換するための”SIMピン”iPhoneなどでは、SIMカードを交換する際に、カードをスロットから押し出す「ピン」が必要です。クリップなどでも代用できますが、端末を傷つけたり、なかなか押し出せないケースが多いので、注意しましょう。また、挿入されている方向や表裏をよく確認し、基盤(金色の部分)には手を触れないようにしましょう。④SIMカードのサイズにあわせたアダプタ(一部の端末で必要)現在は「nanoサイズ」のSIMカードが一般的ですが、一部の少し古い端末などでは、「標準」または「microサイズ」のSIMカードの場合があります。その場合は、SIMカードアダプターが必要です。▼SIMカードのサイズは3つある ⑤【便利】日本で使っていたSIMカードをしまうケース普段使用しているSIMカードは、取り出した後に無くさないようにチャック付のポリ袋などを用意しておくと便利です。★Wi-Ho!SIMなら、海外用の全てのラインナップでSIMピンつき&3サイズ対応!※SIMケースは付属いたしませんSIMカード利用前の設定アメリカ専用SIMなど、一部のSIMカードは事前に設定が必要なので、渡航前にひととおりパッケージに目を通しておきましょう。SIMカードの交換は、現地に到着してからがおすすめです。よくある交換のステップは次の通り、5分もかからない簡単な作業です。    1. 現地についたら、端末の電源を切りSIMカードの入れ替えを行う    2. 再起動し、設定からデータローミングまたはモバイルデータ通信をオンにする    3. APN設定が必要な場合、マニュアルに従って情報を端末に入力する。※商品や端末によっては、不要な場合もあります。現地で購入するSIMカードはもちろん、安価な海外SIMカード製品は、マニュアルが何もなかったり、英語や中国語で書かれているものもあります。その点、Wi-Ho!SIMなら、イラスト付きで日本語でマニュアルの記載があり、不安な点があれば、365日24時間対応のテクニカルサポートが対応するので、特に初心者のお客様や、機械に詳しくないお客様に大変好評を頂いております。最初だけ少し面倒に感じますが、Wi-Fiルーターなどと違い、バッテリーの持ちや荷物を気にすることなく、一度繋がってしまうとSIMカードはとても身軽に済むのがSIMカードのメリットです。

    もっと読む
  • 海外で自分のスマホを使うには

    海外旅行中も、アプリやSNSを楽しもう!海外旅行中、地図をみたりインターネットは様々な場面で必要です。 海外ではスマホを切って、友だちや家族との連絡をなるべくしないようにしていませんか?でも、おいしい料理を食べたり、かわいいおみやげを見つけたら、やっぱり誰かにすぐ伝えたくなるもの。 そんなとき、日本にいるときと同じようにアプリやインターネットを使う方法をご紹介します。 ※一部の国ではアプリの利用に規制があります 海外ではどうやってスマホ使う? 海外で通信を行う方法は主に、“海外用SIMカード”“Wi-Fiルーターレンタル”“海外データローミング”"現地のフリーWi-Fiスポット"の4つが代表的です。 快適でお得に通信を行うには、どの方法が最も良いのでしょうか?特徴を比較してみましょう。 通信手段 使い方 メリット デメリット 海外用SIMカード 手持ちのスマホのSIMカードを差し替える 手持ちのスマホをそのまま使える 購入価格が安い 多くの国・地域で現地でも国内でも購入できる SIMロックフリー端末でないと使用できない 事前の開通予約や設定が必要な場合がある 対応端末が限られる場合がある Wi-Fiルーターレンタル 空港などで端末を借りて現地でWi-Fiに接続する 事前の設定が不要 スマホの機種を気にせずWi-Fiが使えれば接続できる PCも場所を選ばずWi-Fiで接続できる 受取・返却の手間がある バッテリーの残量を気にする必要がある 必ず持ち歩く必要があるため、荷物が増える 海外データローミング 手持ちのスマホをそのまま使う 手持ちのスマホがそのまま使える 契約や設定によって高額な費用が請求される場合がある 現地のフリーWi-Fiスポッ 現地のホテルやカフェでWi-Fiスポットを探してつなげる 無料で使える いざという時にすぐにネットに繋げない 通信傍受など、セキュリティのリスクが非常に高い 通信速度が遅い場合がある いかがでしょうか。Simpierでのおすすめは“海外用SIMカード”です。キャリアのデータローミングよりも安く通信ができ、Wi-Fiルーターのように持ち運びや受取返却の手間、バッテリーの残量を気にすることもありません。 もともと使っているスマホがSIMフリーもしくはSIMロック解除済みなら、使い慣れた携帯を海外でもそのまま使うことができます。 日本で使っているスマートフォンは海外でも使える?SIMフリーのスマホやSIMロック解除済みのスマホなら、特別な設定は必要なくすぐに使うことができます。 日本国内で2015年5月以降に発売されたスマホは、条件を満たせばSIMロックを解除することができるので、各キャリア(au、ドコモやソフトバンクなど)の公式サイトや店頭で確認して、手続きをしておきましょう。 SIMロックの解除手続きの案内は、各キャリアの公式Webページ(下記リンク)からご確認いただけます。 Docomo公式サイト au公式サイト SoftBank公式サイト プリペイドSIMを使う際に事前にチェックしておきたい注意点 お使いの端末がSIMロックフリーか、確認しましょう。 Docomo・au・SoftBankのキャリアで端末をご利用の場合、ご購入時はSIMロックがされています。 SIMロックの解除方法はこちら SIMカードには「標準SIM」「nano SIM」「micro SIM」の3種類サイズがあります。 iPhoneなどの端末の多くは、SIMカードを取り出すには、細いピン(SIMピン)が必要です。 普段使用しているSIMカードは、取り出した後に無くさないようにチャック付のポリ袋などを用意しておくと便利です。 日本語サポートつきのWi-Ho!SIMは、はじめての海外SIMにおすすめ Wi-Ho!SIMは、海外SIMをはじめてご利用される方や、並行輸入商品に不安があるお客様にご好評いただいております。 安心な海外の旅を通信から支えるWi-Ho!SIMを、是非ご検討ください。 Wi-Ho!SIM ヨーロッパ周遊 もっと簡単に海外で通信するなら、Wi-Fiレンタルもおすすめ Wi-Fiルーターレンタルの方がご自身に合っていると感じた方、SIMロックフリーの手続きが間に合わない方は、海外Wi-FiレンタルのWi-Ho!®も是非ご検討ください。 格安価格で高品質な海外通信をご提供いたします。 海外Wi-FiレンタルWi-Ho!®をチェックする 関連記事 eSIM利用時に欠かせない、SIMロックのかんたん解除法教えます! eSIM徹底比較、これさえ読めばカンペキ!eSIMガイド

    もっと読む
  • テレコムスクエア企業ページ
  • 海外用WiFiレンタルならWi-Ho!(ワイホー)